私は子供のころから、人々が一斉に前を走り出すと、つい後ろを振向く癖がありました。
性格はあまり変わらないものらしく、この仕事に携わってもやはり同じ事をやっております。業者さんはお客様の需要の高いものを追いかけます。しかし私はつい見捨てられた様な物に眼がいってしまいます。そしてそれらを夢中で調べるうちに、思いもしないロマンの世界がある事に気づきました。そこでマイノリティ のすばらしさ、面白さを皆様に紹介すれば、きっと一緒に書画を楽しんでいただける方がおられるに相違ないと思います。皆様の感想やご意見をお聞かせ願う事によって、それを糧にこの仕事に携わっていきたいと思っております。ぜひご感想などをお寄せくださいませ。2ヶ月 に1回書画目録も発行しております。よろしくお願いいたします。

 あすみ苑主    井ノ上 弘揚   

whats new